5-5. 霧ゴシック

霧ゴシックR

目次

霧ゴシック

「霧ゴシック」は、AdobeのOpen Sourceフォント、源ノ角ゴシック(英語名:Source Han Sans)の派生フォントです。JP版をベースに、次のような変更が加えられています。

 変更はすべてソースに対して行い、その後Adobe製ツール (AFDKO)を用いてビルドしましたので、前記の変更点以外は機能・品質とも源ノ角ゴシックと同じです。グリフのヒンティング情報やIVSなども、すべて源ノ角ゴシックのものをそのまま継承しています。

 ちなみにGoogleよりNoto Sans CJKという名称でリリースされているフォントは、名前が異なるだけで中身は源ノ角ゴシック (Source Han Sans) の同等品です。

Download

 本フォントは源ノ角ゴシック (Source Han Sans) と同じSIL Open Font License 1.1の下、提供されます。

既知の問題

フォントの改訂履歴

今後の予定

 既に予告されている源ノ角ゴシック (Source Han Sans) のversion 2.000へのアップデートに追随して、霧ゴシックもヴァージョンアップする予定です。
 2.000へのアップデートは香港対応が主で、日本関連の追加はごくわずかに留まるようですが、CIDの大移動が行われるそうですので、手元のリソースファイルも少なからず修整が必要となる見込みです。そのため源ノ角ゴシック 2.000の登場後、それに追随した霧ゴシックがリリースできるようになるまでには多少時間がかかるかもしれません。

 また霧明朝のversion 1.100で行ったようなグリフの追補を、いづれ霧ゴシックでも行ってグリフレパートリーをなるべく揃えたいと考えているのですが、これにつきましては源ノ角ゴシック 2.000で追加されるグリフの種類が判明してから改めて時期などを検討するつもりです。

Valid HTML5