5-B4. 霧明朝

霧明朝R

目次

霧明朝

「霧明朝」は、AdobeのOpen Sourceフォント、源ノ明朝(英語名:Source Han Serif)の派生フォントです。次のような変更が加えられています。

 変更はすべてソースに対して行い、その後Adobe製ツール (AFDKO)を用いてビルドしましたので、前記の変更点以外は機能・品質とも源ノ明朝と同じです。グリフのヒンティング情報やIVS、文字詰めの情報なども、すべて源ノ明朝のものをそのまま継承しています。

 ちなみにGoogleよりNoto Serif CJKという名称でリリースされているフォントは、名前が異なるだけで中身は源ノ明朝 (Source Han Serif) の同等品です。

Download

 本フォントは源ノ明朝 (Source Han Serif) と同じSIL Open Font License 1.1の下、提供されます。

 イタリック版で実際にイタリック体グリフが表示されるのは、「U+017Fまでの文字」および「Adobe-Japan1-7にイタリック体グリフが含まれている文字」のみです。ギリシア文字・キリル文字などその他の文字はイタリック体では表示されません。
 ローマン版もイタリック版もグリフ集合は共通です。OpenTypeのital機能が使えるソフト(InDesignの「欧文イタリック」など)でご利用の場合は、別途イタリック版をダウンロードする必要はありません。

欧文グリフについて

 霧ゴシック同様に、霧明朝もversion 3.000以降、欧文文字については源ノ明朝付属のグリフではなく、源ノ明朝の派生元であるSource Serif Pro(以下SSP)から作り出したグリフを使うようにしました。

 ただし霧ゴシック←→源ノ角ゴシック間に比べますと、霧明朝←→源ノ明朝間は欧文グリフの差異がやや大きめです。そのため従来の(源ノ明朝付属の)欧文グリフを含むversion 2最終版も、当面の間ダウンロードできるようにしました

既知の問題

フォントの改訂履歴

Version 2最終版

 霧明朝に含まれる欧文グリフは、Version 2までと3以降とで少しアウトラインが変わっています。

 従来の欧文グリフを含む版は下のリンクよりダウンロードできます。

※ 7-Zip版もzip版もアーカイヴの中身は同じです。

データ

Valid HTML5