5-B4. 霧明朝

霧明朝R

目次

霧明朝

「霧明朝」は、AdobeのOpen Sourceフォント、源ノ明朝(英語名:Source Han Serif)の派生フォントです。次のような変更が加えられています。

 変更はすべてソースに対して行い、その後Adobe製ツール (AFDKO)を用いてビルドしましたので、前記の変更点以外は機能・品質とも源ノ明朝と同じです。グリフのヒンティング情報やIVS、文字詰めの情報なども、すべて源ノ明朝のものをそのまま継承しています。

 ちなみにGoogleよりNoto Serif CJKという名称でリリースされているフォントは、名前が異なるだけで中身は源ノ明朝 (Source Han Serif) の同等品です。

Download

 本フォントは源ノ明朝 (Source Han Serif) と同じSIL Open Font License 1.1の下、提供されます。

 イタリック版で実際にイタリック体グリフが表示されるのは、「U+017Fまでの文字」および「Adobe-Japan1-7にイタリック体グリフが含まれている文字」のみです。ギリシア文字・キリル文字などその他の文字はイタリック体では表示されません。
 ローマン版もイタリック版もグリフ集合は共通です。OpenTypeのital機能が使えるソフト(InDesignの「欧文イタリック」など)でご利用の場合は、別途イタリック版をダウンロードする必要はありません。

欧文グリフについて

 霧ゴシック同様に、霧明朝もversion 3.000以降、欧文文字については源ノ明朝付属のグリフではなく、源ノ明朝の派生元であるSource Serif Pro(以下SSP)から作り出したグリフを使うようにしました。

 ただし霧ゴシック←→源ノ角ゴシック間に比べますと、霧明朝←→源ノ明朝間は欧文グリフの差異がやや大きめです。そのため従来の(源ノ明朝付属の)欧文グリフを含むversion 2最終版も、当面の間ダウンロードできるようにしました

既知の問題

フォントの改訂履歴

今後の予定

※2022年1月26日追記:源ノ明朝 (SHS) のversion 2.001が公開されました。2.000→2.001のアップデート時にCID番号が再度変更されたため、霧明朝のベースフォントを従来のSHS 1.001からSHS 2.001に更新する作業には時間が掛かる見込みです。
 これより下の記述は2021年11月のSHS 2.000リリース時のものです。これらの問題が解決されたかどうかはまだ確認できていません。

 霧明朝がベースとしている源ノ明朝 (SHS) のversion 2.000が公開されています。2021年11月中旬の時点で、霧明朝のベースフォントを従来のSHS 1.001からSHS 2.000系に更新するための準備作業はゴールが見えるところまで来ています。
 ところが作業の最終段階に来て、「SHS 2に含まれる漢字グリフはAdobe-Japan1-6のIVSと紐付けがされているにもかかわらず、Adobe-Japan1準拠になっていない」ことが判明しました。
 下表はそのうちの顕著な例です。

SHS 1.001, 2.000グリフ比較
IVS 4ED7
E0100
5C22
E0100
533E
E0100
76AF
E0100
791B
E0100
81FF
E0100
6722
E0100
Adobe-Japan1
SHSerif 1.001
SHSerif 2.000

 このようなことが起こってしまった理由はおそらく次のような経緯によるものではないかと想像しています。

  1. Source Han Serif(和名・源ノ明朝)に含まれるグリフ(字のデータ)はすべて、CID (Character ID) という識別番号と紐付けされている。
  2. Source Hanプロジェクトは極東アジアの文字を1つのフォントに詰め込むというPan-CJK思想の下にフォント開発を行っているため、Source Han Serifはヴァージョン番号が同じならフルセット版も各国向けサブセット版も全種類、CID番号を共有している(例えばひらがなの「あ」の横書き用グリフは、SHS 2.000では何語版でもCID+1468)。
  3. OpenType/TrueTypeフォントはグリフを最大で65534個しか持てない。そのためCID番号も0~65534の範囲で割り振られている。
  4. SHS 1.001の時点でCID番号は64784まで使われていた(残り750)。
  5. Source Han Sans(和名・源ノ角ゴシック)に合わせてSerifのほうも香港特有の文字をサポートすることになったが、残り750個分のCIDでは足りないため、SHS 1.001に含まれるグリフのうち使用頻度が低いと思われるものは削除したり、似ているグリフ同士は統合したりすることによって空きCIDを捻出し、同時にCIDの再編を行うこととなった。
  6. ところがこの1.001→2.000アップデートの最中、それまでSource Hanプロジェクトを指揮していた方がAdobeを離れることになった。しかもこの方はAdobe-Japan1の担当者でもあった。
  7. (ここから推測です)Adobe-Japan1-7に含まれる漢字グリフはすべてIVSと紐付けされているため、「だいたい同じグリフ」への統合はできない、あるいはそれをしてしまうとIVSとの紐付けを外さなくてはならなくなる(≒源ノ明朝はAdobe-Japan1の全漢字に対応しているという看板を下ろさなければならなくなる)ということが、指揮を引き継いだ方もしくは方々に充分認識されていなかった。
  8. 結果、本来なら保護されなくてはならないAdobe-Japan1に含まれる漢字グリフまでもが統合の対象となってしまった上に、IVD (Ideographic Variation Database) との照合をきちんと行わずにIVSを使い回してしまったため、Adobe-Japan1 Collectionから逸脱している状態になった。

 SHS 2.000ではCIDは65225まで使われていて残りは309個です。拙作のスクリプトで調べたところ、1.001→2.000で「IVSが同じなのにグリフ名が変わったもの(大半はJP/TWグリフからCNグリフへの変更)」は218個とのことですので、「少なくともAdobe-Japan1の漢字グリフだけでも1.001の状態に戻す」ことは理論上は可能です。ただAdobeが実際にそれを行うかは分かりません。
 上記の問題は先方にも報告してありますので、どこかのタイミングで何らかの対応をしていただけるかもしれません。

 いずれにしましてもここから先はAdobeの方たちがどう対処されるかによってこちらの対応も変わってきますので、ひとまずSHSerifの2.001が出るのを待つことにしました。もし2.001がなかなかリリースされなかったり、Adobeが根本的な対策を講じようとしていないように映ったりした場合は、SHS 2.000からはU+32FFのクリフだけ持ってきて他は従来通りする方法や、1.001グリフと2.000グリフとのハイブリッドにする方法も選択肢とする予定です。

Version 2最終版

 霧明朝に含まれる欧文グリフは、Version 2までと3以降とで少しアウトラインが変わっています。

 従来の欧文グリフを含む版は下のリンクよりダウンロードできます。

※ 7-Zip版もzip版もアーカイヴの中身は同じです。

データ

Valid HTML5